読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Logicool MX620

あまりにマウスの調子が悪いので、マウスを新調。マウスの調子が悪いというのは少々言い方が悪いかもしれないけど、マウスと机の相性が悪い?ってのがよいかな。ちょうどマウスを使いたい場所が、なんだかしらないが、マウス飛びまくり。使い勝手の悪い場所なら正常に動作する。これはいただけない。

少々お絵かきをしたい事もあり、新調に踏み切った。昔のマウスを引っ張りだしたりしてみたのだけど、そもそもそのマウスはスクロールホイールがくたびれたやつ。昔々のスクロールホイールなしの時代を考えれば、それだって十分なんだけど、もう体が対応できない。

それで、店頭にあって、予算との兼ね合いで、なるべく良さそうなものを選んだ。ロジクールはやっぱり評判はいいし、昔つかっていた光学マウスも使い勝手がよかった。レーザーである事は重要で、感度がダンチ。それからワイヤレスってのも結構重要で、有線マウスはなんだかんだと取り回しがじゃま。

できれば下の写真にあるHHKもワイヤレス化したいくらい。

そっか Happy Hacking Keyboard Professional Wireless JP なんてものがでたら、かなり需要があるのではないだろうか?そんな大げさなものでなくてもよくて、キーボードのミニUSB端子に取り付けるワイヤレスレシーバーセットなんてものでもオプション化できないかしら?最近の技術だったら十分小型化できるだろうし、小型にしておけばボタン電池でも駆動できない?

HHK はあるていど厚みもあるから電池ボックスと発信器くらいは内蔵できるとおもいますが。

閑話休題

話はもどるが、マウスについて。とりあえず今のところは飛びの問題も起きていない。ポインターの移動速度についても違和感を感じない。他のマウスに比べて少々値がはるのだけど、ハイエンドのマウスと比べたら無茶苦茶高い買い物でもない。入力デバイスは四六時中使うものなので、妙な違和感を感じるようなものを使い続けるのであれば、少々高い物で、多くのoutputを出すほうが効率的でしょうね。

LOGICOOL ワイヤレスレーザーマウス ワンタッチ検索ボタン搭載 MX-620

LOGICOOL ワイヤレスレーザーマウス ワンタッチ検索ボタン搭載 MX-620

底面にある切り替えスイッチがなにかよく分からなかったけど、スクロールマウスのギアのタイプを切り替えるものね。クリック感のあるものとないもの。マウスによって違っていたけど、このマウスは適宜切り替えができるタイプ。さーっとながしたい時はクリック感をなしにして、自動スクロール。一行づつ、ボリュームコントロールなど、段階的に変化させたい時はクリック感あり、なんて使い方ができるわけね。

ジャンプスクロールは便利だと思う。特に縦長のドキュメント(ブラウザも含む)をざっと眺める時には。一方で、Twitterのストリームをざっと見て、気になるところでとめるような場合はちょっと飛び過ぎなきらいもあり。適材適所じゃないけれど、適宜切り替えて使うのがよいのだと思うが、いちいち裏返してスイッチを切り替えるのは結構面倒。ってか、どこまで面倒くさがりになるのか?ってところなのであろうが、マウスを裏返した時に、底面に埃が付着しているのが気になってしょうがないって事にもなりかねないので、出来ればあまり裏返したくないなって思ったり。

ジャンプスクロールは便利と、直前に書いておきながら、直後に否定する事になるが、、、、確かに便利なんだろうけれど、実際に文章を読みたい場合はあまりよろしくないかも。スクロールを止めて、さて読もうと思ったとき、指がまだホイールにかかってて、思わず逆スクロールしてしまいがち。クリック感を残している場合は、カチカチとホイールが止まるので、スクロールも当然止まる。飛ばしたい時には逆に邪魔なんだけれど、ページを希望どうりに止められないってのはかなりのマイナスな気がしてきます。