読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やはりLinuxというか、ネイティブのX環境が欲しい

最近はほとんど文書とスライド屋さんと化しているのだが、やはりコーディングをしたいというかしないといけない事もちらほらとある。というかそっちをちゃんとしないといけない。文章もかかないといけないのだが、そればっかりというのはなんというかモチベーションが下がり続ける。現実逃避をしてみたいのだが、まとまって逃避に費やす時間もとれず。フラストレーション。

時々発生する隙間の時間になにかしようとしても、環境を整えているわけでもなく、その準備をしていると、せっかく出来た時間がどこかに消えていく。これは効率が悪い。やっぱりいつでも自分がつかえる環境を整えておくってのはむちゃくちゃ大事。

というわけで、PCをリストアする「はず」なので、常時開発用+書類仕事用を平行運用できる環境の構築を目指す事にする。

その解決策には2つ。

仮想化を本格的に利用する

多分理想的には Xen かなにかを走らせて、その上で Windows 7 を動かす事。逆でもいいかもしれないけど、多分個人的にはそっちのほうがしっくりくる。

そもそも VirtualBox が起動してくれればいいわけで。。。 

やっぱり2台つかう

こっちが落としどころでしょうね。それほど高くないデスクトップを入手して、サブディスプレイの方につねに表示でいいのでは?ディスプレイもそんなに高くないから、いっその事トリプルディスプレイにしてみましょうか?

キーボードとマウスは、以前つかっていたKVMがある事だし。どうせ手は一組しかないので、キーボードとマウスはふたつもいらない。