読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読んだ本

本当に久しぶりに本を読んだ気がする。

あまりなにも考えずに、千里眼シリーズの後継の鑑定士Qシリーズを手にとった。薄いのでI・IIを同時にかっても悪くないか?と2冊を手に取る。

結果、これがただし選択だったことが明らかに。


Ⅰ・Ⅱでつづきじゃん。これでⅠにしときゃいいのに、と思わないでもない。

そんな事はおいておいて、感想。話はテンポも良いし、エンターテイメントとしてはいつものように、良くできているなと感じる。なんとなく『千里眼』というか、松岡圭介節というか、台詞回しやらなんやらが同じような気がしないでもないのだが、それは作風ということだと理解。

気晴らしにはちょうどいいですね。『千里眼』の新シリーズが好きであれば、これも十分に楽しめると思いますな。