読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ubuntu 11.04 とUnityとssh-menu

Ubuntuを11.04にアップレードしてみた。

Gnome3の環境ってのがどんなものか興味があったので、少々フライング。

完全なGnome3環境ではなくて、Gnome-shellのない、似非Gnome3らしいのだけど。それでもこれまでとはずいぶん使い勝手が違う。

メニュにアプレットをポコポコいれていた人にとっては少々使いづらい点もちらほら。あとアプリケーションメニューから手繰っていた人も。

個人的には
・ nautilus-open-terminal はちゃんと存在
していてくれているので、それほど違和感はなし。ただしターミナルを開いて、CUIでの処理に限ります。

インターフェース的には
・ ssh-menu
を使っていたので、それがないのは少々痛いかな?と思ったけど、gnome-terminalあたりで、プロファイルをつくってあげれば事足りる。gnome-terminalをフロントに持ってこないといけないですが。

あと、フォーカスの仕方。ポインターの下にフォーカスが移るように使っていると、Unityのメニューは少々使いづらいことになる。ウィンドウがメニューに接していればいいけれど、そうでない場合、デスクトップにフォーカスがうつってメニューが変化!

ウィンドウズやらマックからの人には別に問題ない挙動なんだけど、いわゆるX11からの人にとってはちと問題なのではないかしら?(そんな人はUnityを使わない?)