読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタイラスのペン先

スタイラスは結局

  • Bamboo Stylus
  • Su-Pen

におちついた。バンブースタイラスはペン先のゴムが破れてしまっていたのだが、ワコムのオンラインショップに交換用ペン先が在庫有り状態になったので、ぽちってみた。Su-Penは最近ペン先が新しいバージョンになった事もあり、こちらもぽちった。

価格

バンブーのペン先ゴムは3つで500円程度。一方Su-Penは二つで3000円弱。Su-Penの本体はペン先にあるようなものなので、本体よりもペン先が割高なのはしかたない気がするものの、やっぱりちょっと高い。一方、バンブーの方は、軸側にあるていど構造があり、ゴムは付加的に静電容量を調整していると思われ、割安。

どちらもかなり消耗品的な性格をもっている以上、Su-Penのコストパフォーマンスは、もう少しよくなってくれないものか、とどうしても思ってしまう。

書き心地

新Su-Penだが、若干繊維の束が太くなり、導電繊維布自体の強度が増している感じ。見た目凸凹なのだけど、書き心地自体には大きな変化はなく、従来の滑りは維持されている。布自体の厚みも多分増しているので、若干堅さが強くなったように感じる。

入力時のペン圧が高い人は少し抵抗を感じるかもしれない。ただ、Su-Penは少々高めのペン圧で、一定の力で入力を続けるタイプのものと思う。最適なアプリがやっぱり7notesなわけで、字の形の入力がきもになっているわけで、圧力の調整なんてことは多分関係ない。

一方でバンブーの方は、適度なしなりが気持ちいい。バンブーペーパーとの相性は抜群。気持ちいいほどに線の太さを調整できたりする。逆に7notesのようなアプリに対しての入力にはあまり適さない。

番外

Su-PenはiPhoneiPadのコントロールにはあまり適さない。逆にバンブースタイラスはなかなかいける。コントロールといっても、タップではなくてスワイプのような動作。適度なしなりが、たとえばスライドスイッチを移動させる時、ペン先の感覚と移動かまったくもってマッチする。

逆にSu-Penはスライド操作になんとなく違和感を感じる。タッチ感が固めの性なのかどうもなじめない。

ゲームになるとそれが顕著で、たとえばパズドラなんかでドロップ操作をしていると、どうしたってバンブースタイラスに軍配が上がる。ほとんど控え選手的に、筆入れからでてこなくなった他のスタイラス達もゲームにはまったく向かないのだけれど、バンブースタイラスはもうなんというか、すごい奴。

Wacom iPad/IPad2/iPhone4対応 描画、ポインティングに最適なタッチペン Bamboo Stylus CS-100/K0

Wacom iPad/IPad2/iPhone4対応 描画、ポインティングに最適なタッチペン Bamboo Stylus CS-100/K0


iPad/iPhone用スタイラスペン(タッチペン) Su-Pen P150M-AS (旧モデル)

iPad/iPhone用スタイラスペン(タッチペン) Su-Pen P150M-AS (旧モデル)