読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPad Pro をつかってみた

iPad Proを入手したので、早速つかってみた。本体だけではなくて、Apple謹製のスマートキーボードとApple Pencilも一緒。最近はiPad miniをもっぱら使っていたので、第一印象は「でかい」。アプリによっては妙に拡大されたような表示になって、若干違和感を感じるものもあるが、概ね快適。カバーと一体になっているキーボードは、何年か前にiPadでつかったBluetoothキーボードとは違い、言語の切り替え、カーソルキー等々、まったく次元の違う使用感。アプリ側の改良も大きいのだと思うが、当時は「キーボードならテキスト入力は楽だけど、結局タブレットのインターフェスとは相性悪いね」って感想だったのだけど、これならノートパソコンの代わりとして十分機能するような気がする。
キーボードは良いのだけど、カバーを折り曲げてスタンド的につかうときに少し戸惑った。折り曲がる箇所への制限もあるのだけど、フォトスタンド的に立てるのはいいのだけど、ペン入力のために、緩い傾斜をつけて卓上に寝かせる方法がいまいちしっくりこない。フォトスタンド型をそのまま押し倒せばよいのだけど、参考画像をみながら少し苦労した。たぶん、個人的な理解力の問題なのだろう。
キーボードは満足したが、一番興味のあったのはApple Pencil!iPadの大きな使用目的の一つは文章への添削作業。pdfでもらっているドキュメントに赤入れする作業。いつもつかっているのは MetaMoji Note。まだApple Pencilには対応していないのだけど、たぶん将来的にも対応しないのではないかとおもうのだけど、使い勝手はどうだろう?
マニュアルも読まずに、さてどうやって認識させるのかしら?とPencilをThunderbolt端子に挿してみるとペアリング完了。簡単!で、アプリも使わず、ペンで操作してみると意外にペン先の感覚が「硬くない」。プラスチック系のスタイラスは、硬質ガラス面にあたるときに、まさにガラスをこすっているという感じになるのだけど、Apple Pencilのペン先は微妙に柔らかいのか、硬さが少なく、しかも適度な抵抗感。滑りすぎることもなく、引っかかりもない。これはよい。